MENU
”Lシンフォ” 天国ゾーン狙い期待値 追記! PUSH!

スマスロ南国育ち|有利区間移行時/切断後/リセット後 ボーナス間天井期待値 狙い目

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!

2024/03/04に導入されたスマスロ南国育ち」「有利区間切断後(移行時/リセット後)」を想定したボーナス間天井期待値について解説します。

また、当機種に関する全ての解析結果を以下記事に集約しますので気になる方はご覧ください!

目次

有利区間切断後の特徴

モード振り分け

有利区間切断後のモード振り分け公表値は以下の通りです。

「ちょんぼりすた」様より引用

有利区間切断条件

切断条件は複数あるかもしれませんが、一つ確かな条件として“差枚数が一定以上に達したとき”があるはずです。
その”一定”数値がいくつなのかを予測するために、以下表のように「”前回ボーナス終了時点における差枚数”毎の”ときめきゾーン選択率”」を整理しました。
この統計データを纏めた理由は、通常連チャンの場合の告知割合は「バタフライゾーン:ときめきゾーン」が80%:20%となっているのに対し、有利区間切断後は80%の確率で「ときめきゾーン」が選択されるためでございます。(残り20%はモードBのため連チャンならず)

結果は上記表の通りで、差枚数2200枚以上となると告知の際にときめきゾーン選択率が上昇する傾向が見られました。
ただし何かしらの処理の不具合、データの読み取り間違い等も少なからず有りますので、有利区間切断条件の予想としては2100枚以上2300枚未満のどこかしらのラインだと思慮します。

ただし上記数値を使わずとももっと精度高く有利区間切断後を想定できる条件がありますので、今回は以下条件を基に期待値解析を実施します。

有利区間切断後を想定した条件

・朝イチは差枚数0
・前回ボーナス終了時点の差枚を基準として、当日差枚が2400枚を超えるような一撃獲得枚数があった場合

上記条件であれば有利区間切断後の大部分を模擬できるのですが、据え置きには弱いため確実に模擬できているわけではございません。
今回は上記条件でサンプルを仕分けして期待値解析を行います。

ボーナス間天井期待値

実践サンプル

実践サンプル

以下条件の実践サンプルから「有利区間切断後を想定した条件」に該当するものを抽出。
・総回転数2812万3851回転
・ボーナス初当たり確率1/287.3
・サンプル全体の推定出率97.76%

解析条件

解析に関する情報

・データカウンター上のゲーム数
・50枚あたり31.2回転
・ボーナス中の純増は6枚/G
・着席後1G以内の当選サンプル除外
・ボーナス終了後は32回転回してヤメ
・当選ゲーム数が「1G」の場合のバタフライゾーンは一律4G
・当選ゲーム数が「1G以外」の場合のバタフライゾーンは一律8G
・初当たり確率にボーナス後の32Gは含まない
・1時間あたり800G
・「有利区間切断後を想定した条件」以外の状況は不問(平均)

天井狙い・0スルー

前述の通り100%有利区間切断後を模擬できているわけではないです。
100%有利区間切断されている状況下であればさらに甘くなるものと推察します。

また、200Gまでに当選した場合は引き戻しモードかモードBかの判別は困難ですが、200Gを超えたらモードB確定です。

モードB確定時の期待値理論計算(ざっくり)

以下条件で期待値をざっくり理論計算してみます。
・モードB→飛翔突入時(50%)のTY公表値は1025枚
・モードB継続時(50%)のTY公表値は46.6%で85枚(REG)、53.4%で230枚(BIG)
・ボーナス確率は1/300
・ヤメゲーム数は32G

ざっくり期待値 = 約1233円 → 出率105%付近

また一度モードBが確定したら飛翔モードへ移行するまでモード転落はありません。
したがって一度モードBが確定したら飛翔モードへ移行するまで打ち続けた方が良いのではないかと推察します。

狙い目

出率105%ラインは以下の通り。
✅天井狙い・0スルー:460Gから

ただし厳密に有利区間切断後を模擬できているわけではない中での実践値解析の結果が上記の通りです。

もし自分が打ち手でありかつ有利区間切断後確定であれば、とりあえず200Gまで打ち、それまでにボーナス当選し飛翔へ移行しなければ32Gヤメ、200Gを超えたらモードB確定のため飛翔へ移行するまで全ツッパをします。

この部分の押し引きについては人によって意見が変わるかもしれませんので、状況に応じてアレンジして頂けたらと思います。

やめどき

✅天井狙い:ボーナス終了後32G回してヤメ

まとめ

本記事ではスマスロ南国育ち」の「有利区間切断後(移行時/リセット後)」を想定したボーナス間天井期待値について解説しました。
内容的には、有利区間切断後は公表値の通り実践データでも甘めの傾向が見られましたので、積極的に狙っていきたい状況であると思慮します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次