MENU
”金カム3記事" 5600万Gにサンプル増強! PUSH!

スマスロ吉宗ライジング|AT駆け抜け後(単発終了後) 短縮 AT間天井期待値 狙い目 やめどき

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!

2024/01/09に導入されたスマスロ吉宗RISING(ライジング)「AT駆け抜け後(単発終了後)」におけるAT間天井期待値を解析しましたので発信します。

文言の定義

ボーナス:将軍ボーナス
AT:爆走大盤振舞

改訂履歴

2024/01/17 当記事の発信
2024/01/18 計算ミスが発覚したため修正(出率105%ラインは100Gで変更なし)

また、当機種に関する各狙い目の解析結果を以下記事に集約しておりますので、気になる方はご覧ください!

目次

機種情報

詳細は以下の「ちょんぼりすた」様のサイトよりご確認ください。

当記事の関連情報を上記サイトから以下に引用します。

吉宗RISING_ゲームフロー

その他解析については引用元をご参照ください。

サンプル分布

解析ターゲットは「AT駆け抜け後」ですが、同様の天井短縮状況である「朝イチ」のサンプル分布も参考のために以下に添付します。

サンプル分布(AT駆け抜け後)

集計に関する情報

・以下条件のサンプルから「AT駆け抜け後」のみを抽出
・総回転数2419万7819回転
・ボーナス以上初当たり確率1/267
・AT初当たり1/538
・サンプル全体の推定出率97.60%

サンプル分布(朝イチ)※参考

朝イチ1回目までのATを朝イチと定義。
朝イチの当選ゲーム数が876回転以上の場合は「朝イチ以外」も含めて全ての実践データを除外。

サンプル分布から読み取れた傾向

サンプル不足によるバラつきを承知の上で以下にコメントします。
総括すると「AT駆け抜け後」の方が「朝イチ」よりも”若干”比較的甘い傾向が見えてますが、サンプル増強によって逆転する可能性も存在する程度の優位性だと思慮します。

天井到達率は「AT駆け抜け後」の方が低い

「朝イチ」の天井到達率は40.9%であるのに対し、「AT駆け抜け後」では38.1%と若干低い傾向であった。
ゾーンにおける当選率(青のメータ)を見ても「AT駆け抜け後」の方が当選率が若干高いところが多いように見える。

AT_TYは同じくらい

強いて言うなら「AT駆け抜け後」の方が若干高いですが、バラつきも考慮すると正直気にしなくてもいいくらいの違いだと考えます。

AT間天井期待値

解析条件

解析に関する情報

・50枚あたり34回転
・ボーナス中/AT中の純増4枚/G
・着席後30G以内のサンプル除外
・AT終了後(八代将軍チャレンジ終了後)は1回転回してやめ
・八代将軍チャレンジは一律15G
・ボーナスの獲得枚数は一律41.80枚(実践値ベース)
・1時間あたり800G
・「AT駆け抜け後」のサンプルを利用
・「AT駆け抜け後」以外の状況は不問(平均)

AT間天井期待値(AT駆け抜け後)

表更新:2024/01/18

AT間天井期待値(朝イチ)※参考

表更新:2024/01/18

総括

「AT駆け抜け後」は「朝イチ」よりも若干甘い解析結果であった。
ただし特定状況(「AT駆け抜け後」や「朝イチ」など)ではサンプルが少なくなりがちであり、故に解析結果のバラつきのリスクを大きく伴いますのでご参考までにご覧頂けたらと思います。

狙い目

出率105%ラインは以下の通り。
✅AT駆け抜け後(単発終了後):100Gから

やめどき

AT終了後の引き戻し「八代将軍チャレンジ」失敗後1G回してヤメ。
状況によっては打ち続けた方がいいケースがあるかもしれませんが、現時点では明確な基準はございません。

まとめ

本記事では「スマスロ吉宗RISING(ライジング)」の「AT駆け抜け後(単発終了後)」におけるAT間天井期待値について解説しました。
内容的には、「朝イチ」と比較して「AT駆け抜け後」では比較的甘い解析結果が得られたこと、および0Gからでも出率が100%を超える解析結果が得られました。
ただし「朝イチ」や「AT駆け抜け後」などの特定条件下ではサンプル不足が懸念されますので、押し退きの判断材料の一つとしてご覧頂けたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次