MENU
”金カム3記事" 5600万Gにサンプル増強! PUSH!

スマスロバジリスク天膳|差枚数考慮 スルー回数 BT間天井期待値 宿怨 有利区間リセット 狙い目

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!

2023/12/18に導入された「スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION」「当日差枚」が出率に与える影響と、それを考慮したBT間天井期待値を解析しましたので発信します。

なお、当サイトが実施した当機種の全ての解析結果が以下記事に集約されておりますので興味のある方はご覧ください!(全て無料で閲覧可能です!)

目次

機種情報

詳細は以下の「ちょんぼりすた」様のサイトよりご確認ください。

当記事の関連情報を上記サイトから以下に引用します。

スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION_ゲームフロー

その他解析については引用元をご参照ください。

当日差枚が出率に与える影響考察

当日差枚が出率に与える影響 朝イチ

追記:2024/01/06
当機種は「朝イチ」と「朝イチ以外」で出率に明確な優劣がない可能性が高く、仮にあったとしても出率に大きく影響を与えるほどではないと結論付けた。

理由が気になる方は以下記事をご覧ください。

よって「朝イチ」であっても「朝イチ以外」の解析結果を参照しても問題ございません。

当日差枚が出率に与える影響 朝イチ以外

当日差枚数別の宿怨チャレンジ突入回数

以下表に「当日差枚」を1変数として「宿怨チャレンジ」への突入回数を整理しました。

サンプル情報

・総回転数4299万0434回転の実践データから対象サンプルを抽出
・推定出率97.45%
・朝イチ1回目のBT突入までに当選した全てのBCを「朝イチ」、それら以外を「朝イチ以外」と定義
・計測可能な宿怨チャレンジへの突入回数のみを計測
・「当日差枚」とは「前回BT終了時点」のもの

上記表を確認すると「当日差枚」が1000枚を超えたあたりから「宿怨チャレンジ」への突入回数が顕著に上昇していることが分かります。
この理由を推察するに、BT終了時点で当日差枚が1000枚を超えていたら有利区間リセットとなるのではないかと考えております。
したがって「有利区間リセットライン=当日差枚1000枚越え」と仮定したうえで以下説明を続けます。

当日差枚数別の出率

以下表に「当日差枚」を1変数として出率を整理しました。

サンプル情報

・データカウンター上のゲーム数
・総回転数4299万0434回転の実践データから対象サンプルを抽出
・推定出率97.45%
・BC信号かつゲーム数が6ゲーム以上を示しているデータを「BC初当たり」と定義
・朝イチ1回目のBT突入までに当選した全てのBCを「朝イチ」、それら以外を「朝イチ以外」と定義
・着席後のサンプル除外は考慮していない
・BC or BT終了後1G回してヤメ(宿怨チャレンジ突入の場合はフォローする)
・「当日差枚」とは「前回BT終了時点」のもの

上記表より、「当日差枚」によって「当選ゲーム数」の変化は比較的少ないものの、「有利区間リセットライン」に近づくにつれて「BC_TY」が上昇し、結果的に「出率」も上昇していることが分かります。

一方で当日差枚が下降していき「-6000枚~-5000枚」時点では大きく出率が減少していることが分かります。
この理由は、差枚減少に伴い獲得する「宿怨ポイント」が当日差枚が-5000枚付近に達したときにMAXに溜まり、「宿怨チャレンジ」が解放される可能性が最も高いことを示しているのではないかと推察しております。(この推察が間違っている可能性も十分にございます)

故に-5000枚付近で宿怨チャレンジの解放に伴い、そのBTが終了した後は出率が大きく減少するのではないかと考えております。

期待値解析する当日差枚

これまでの結果を受けて当日差枚を考慮してBT間天井期待値を考察すべきということが伝わったかと思います。(BC間天井狙いでは「有利区間リセット」も「宿怨チャレンジ発生」も可能性が大きく低まってしまうので基本的にはBT間天井狙いがベターのはずです。)

一方でBT間天井期待値を解析するためにはそれなりに多くのサンプルを必要とします。
そこで当サイトでは代表として以下差枚条件にて解析を実施することとしました。

期待値解析する差枚条件

・当日差枚が「+500枚~+1000枚」
・当日差枚が「-1000枚~0枚」
・当日差枚が「-3000枚未満」

BT間天井期待値(前回BT終了時点差枚考慮)

以下に解析条件および各差枚別のBT間天井期待値を示します。
なお、当解析では多くの条件でサンプルにフィルターをかけているため、特にBCスルー回数が多くなればなるほどサンプル数が少なくなり、結果的に数値のバラつきも多くなってしまっております。(特にBC7スルーは正直現時点で使える期待値表ではありません。)
計4000万ゲームの実践データを利用して解析しましたがそれでもこの結果です。
今後余裕があるときにサンプル増強して当記事を更新しますので、それまでは参考までにご覧頂けたらと思います。

解析条件

解析条件

・50枚あたり32回転
・通常時のBC純増0.94枚/G(実践ベース)
・BT純増2.9枚/G
・着席後10G以内の当選サンプルを除外
・1時間あたり800回転
・BC終了後 or BT終了後の通常時を1G回してヤメ(宿怨チャレンジ突入の場合はフォロー)
・朝イチ以外
・「差枚」は「当日差枚」の略語で「前回BT終了時点」のもの(※有利区間リセットは非考慮)
・BTサンプルは「BT初当たり+(計測可能な)宿怨チャレンジ数」

前回BT終了時点差枚:+500枚~+1000枚

BC0スルー

BC1スルー

BC2スルー

BC3スルー

BC4スルー

BC5スルー

BC6スルー

BC7スルー

前回BT終了時点差枚:-1000枚~0枚

前述の通り当差枚範囲における平均出率は97.39%であり、これは差枚状況不問におけるスルー回数別BT間天井期待値とほぼ同等の数値のため、以下記事より期待値をご参照ください。
なお、利用しているサンプル量が当記事のものと異なるため数値的にバラつきが発生している可能性があることをご了承ください。

前回BT終了時点差枚:-3000枚未満

BC0スルー

BC1スルー

BC2スルー

BC3スルー

BC4スルー

BC5スルー

BC6スルー

BC7スルー

注意点

重ねてのお伝えとなりますが以下3点注意点がございます。
✅サンプルが少なくバラつきが大きいです。
その他状況も加味すると大きく期待値が変わります。
特に「BT間ハマりゲーム数」や「宿怨ポイント示唆」なども大きく影響を受けますので、その観点からも押し退きを判断した方がよいです。
✅「当日差枚」より「有利区間差枚」の方が変数としてはベターです。
今回簡易的に「当日差枚(※有利区間リセット非考慮)」を第3の変数として利用しましたが、「有利区間差枚」の方が利用する変数として相応しいはずです。
もし他の解析者で「有利区間差枚」を変数としている方がいらっしゃったら期待値の信頼性としてはそちらの方が高いのでそちらを参照することをオススメします。

狙い目

出率105%ラインの代表ケースとして以下を示します。
✅当日差枚500枚~1000枚:「BC1スルー100ゲームから」「BC2スルー0ゲームから」
✅当日差枚-3000枚未満:「BC2スルー250ゲームから」「BC3スルー100ゲームから」

まとめ

本記事では「スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION」の「当日差枚」が出率に与える影響と、それを考慮したBT間天井期待値について解説しました。
繰り返しになりますがサンプル量も少ないことから当解析結果はバラつきの影響を大きく受けているはずですので参考までにご覧頂けたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次