MENU
”金カム3記事" 5600万Gにサンプル増強! PUSH!

スマスロケンガンアシュラ|CZスルー回数×CZ間ゲーム数 AT間天井期待値 AT後 狙い目 やめどき

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!


2023/11/20に導入された「スマスロケンガンアシュラ」のAT後におけるCZスルー回数×CZ間ゲーム数を考慮したAT間天井期待値を解析しましたので発信します。

なお、今回採用した解析手法は「実践値×理論解析」です。
実践データを基にした解析のみでは困難である点について、数点仮定を設定することで残りは理論的な解析を行っておりますことをお伝えしておきます。

既にAT後におけるCZスルー回数×CZ間ゲーム数を考慮したCZ間天井期待値を解析しておりますので、気になる方は以下記事をご参照ください。
また当記事と前提条件の考え方は同じですので、そちらも気になる方は以下記事をご参照ください。(当記事では可能かなぎり細かな説明を割愛します。)

⚠️注意点(必ず先にご一読ください)

当機種はCZ当選時にデータ信号が発信されないという仕様になっているため、解析精度が悪くなっておりますことをご了承下さい。説明は以下の通りです。

本来望ましいデータ信号としては以下の通りです。
<例>
CZ当選時:RB信号
AT当選時:ART信号

しかし実際は異なり、CZ当選したがAT当選しなかった場合には「RB信号」が飛ばず、CZに当選しAT当選した場合には「RB信号」および「ART信号」が発信されるという仕様になっておりました。
さらに例を出して説明すると以下状況となっております。

モデルケース

1回目のCZが200Gで当選→AT非当選
2回目のCZが100Gで当選→AT非当選
現在150G時点

理想のデータ表示→「RB:2」「ART:0」「ゲーム数:150」
現状のデータ表示→「RB:0」「ART:0」「ゲーム数:450」

したがって当記事の狙い目で打つためには何かしらの理由で「CZスルー回数」と「CZ間ゲーム数」を知っている状況であることが大前提となっております。

・スマスロケンガンアシュラの「AT後」における「CZスルー回数」×「CZ間ゲーム数」を考慮したAT間天井期待値が分かる。

目次

天井仕様

CZ天井

天井G数400G+α
恩恵CZ
推定投資額約12,000円

400G+αでCZ「ケンガンチャンス」に当選!?

CZスルー天井

CZ最大6スルー後、7回目のCZで必ず成功となりATに当選!?

引用「ちょんぼりすた」様

その他情報については引用先からご確認ください。

サンプル分布(AT後)

以下にAT後のサンプル分布を示します。
サンプル量が少ないためデータにバラつきが多く見受けられますのでご参考までに。

サンプル分布(導入4日間の実践データ)

集計情報

・総回転数601万7520Gの実践データから対象サンプルを抽出
・AT初当たり8152回
・回転数はデータカウンター上のG数
・3000G以上回された台のみを抽出
・推定機械割97.8%の実践データから対象サンプルを抽出
・AT終了後50以内のAT当選を連チャンとしてカウント(完走→最上位ATの実践サンプルを拾うため)

サンプル分布から読み取れた特徴

特徴は多くありますが、特にCZ間天井期待値を算出するうえで考慮すべき特徴点について述べていきます。

100GゾーンにおけるAT当選率が高い

その他近辺のAT当選率はおおよそ11%程度に対し、100Gゾーンでは17.1%。

1250ゲーム付近までAT当選率の上昇率がさほどない

例えば100GゾーンでのAT当選率は17.1%であったのに対し、それ以降のゲーム数で17.1%を超えたのは1250G以降。
ざっくり計算ですが、1250G時点での平均CZ当選回数は、1250/177.6で7.04回。(もちろんCZ7回目でAT当選確定)
したがって、CZスルー回数天井が設定されている可能性は大いにあるが、選択率や回数を加味するとそこまで強い要素ではないでは?と推測。

サンプルが多いゲーム数だとAT_TYのバラつきが小さい

サンプルが200回を超えてくるとAT_TYのバラつきが小さくなっております。
したがって、AT_TYを一定として期待値計算を行ってもさほど真の期待値から乖離が発生しないのでは?と推測。

理論解析に必要となる前提条件

既知の前提条件

・CZ6スルー時においてはCZ当選→AT当選確定
・CZ当選確率は1/177.6(自力当選、天井当選を含む数値)
・AT確率は1/399.6(自力当選、CZスルー回数天井当選を含む数値)

サンプル分布を考慮して仮定した前提条件

先述したサンプル分布の特徴点より、以下前提条件を仮定して期待値解析を実施します。
・CZスルー回数天井はCZ6スルーのときのみ
・CZスルー回数0回~5回の際のCZ→AT突入率は一律固定
・CZ間100ゲームのゾーンにおけるAT当選率を17.1%で固定(CZ0スルー~CZ5スルー)
→1GあたりのCZ当選確率に変換
・その他ゲーム数におけるAT当選率を11.5%で固定(CZ0スルー~CZ5スルー)
→1GあたりのCZ当選確率に変換
・AT_TYは535枚で固定

ツラヌキメソッド「スマスロケンガンアシュラ|CZスルー回数×CZ間ゲーム数 天井期待値 AT後 狙い目 やめどき」

AT間天井期待値(CZスルー回数×CZ間ゲーム数 考慮)

AT間天井期待値(50交換 円)

解析関連情報

・50枚あたり35.5回転
・CZ前兆ゲーム数は一律30ゲーム
・AT中の純増は一律2.75枚/G
・CZ中の獲得枚数は一律3.64枚(実践データから参照)
・最大天井429ゲーム
・CZ失敗 or AT終了後は一律で10G回しヤメ(完走後の二虎流奥義伝授極を考慮)
・CZ→AT突入率43.2%で固定(CZ6スルー時は100%)
・AT_TYは535枚で固定(実践データから参照)
・CZは一律20G
・1時間あたり800G
・着席時の状態は平均

AT間天井期待値(56交換 円)

AT間天井期待値(出率 %)

AT間天井期待値(時給 円/h)

狙い目

基本的には期待値表の通り。
4スルーからは次回ATまでツッパした方が良いと思います。
3スルー以下の場合は、期待値が少ないゲーム数であれば打たない方がいいケースもあります。

やめどき

AT後、通常時に戻って状況確認後ヤメ。
3スルー以下の場合はCZ後、通常時に戻って状況確認後ヤメ。

注意点

今回の解析では数点仮定をしております。
それが崩れれば期待値が変わる可能性が大いにありうるということをご留意ください。

まとめ

本記事ではスマスロケンガンアシュラのAT後におけるCZスルー回数×CZ間ゲーム数を考慮したAT間天井期待値、考察、狙い目、やめどきについて解説しました。
その他狙い目についても引き続き考察していきます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次