MENU
”金カム3記事" 5600万Gにサンプル増強! PUSH!

パチスロ武装神姫|リセット 朝イチ以外 周期 AT間天井期待値 狙い目 やめどき

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!

2024/01/09に導入された「パチスロ武装神姫」「朝イチ・朝イチ以外」におけるAT間天井期待値を解析しましたので発信します。

ただいきなりで申し訳ございませんが、先にお伝えしておくと当解析結果は極めて精度が低いです。
理由と解析結果は以下に述べておりますので、気になる方はご確認ください。

目次

機種情報

詳細は以下の「ちょんぼりすた」様のサイトよりご確認ください。

当記事の関連情報を上記サイトから以下に引用します。

その他解析については引用元をご参照ください。

サンプル分布

サンプル分布(状況不問)

集計に関する情報

・総回転数230万7380回転
・AT初当たり確率1/275.48
・サンプル全体の推定出率97.26%

サンプル分布(朝イチ)

サンプル分布(朝イチ以外)

サンプル分布に関する補足

周期途中はほぼ無抽選

上記表のように55G区切りにすると隠れてしまうのですが、1G区切りにすると周期途中の当選サンプルは圧倒的に少ないため、周期途中は無抽選 or 超低確率である可能性が高いです。

メイン変数は「周期回数」×「周期間ゲーム数」、しかし・・

実践データを遡って見ても周期回数は分かりません。
したがって解析をするうえで「累計ゲーム数」をメイン変数にするしか手段はございません。
故に後述の「AT間天井期待値」は解析精度が極めて低いものとなっておりますので予めお伝えします。

サンプル分布から読み取れた傾向

サンプル不足によるバラつきや精度の低さを承知の上で以下の通りコメントです。

5周期目は強い

当選確率が50%オーバーということもあり5周期目は突出して強いです。

「朝イチ」と「朝イチ以外」で明確な大差が見られない

AT当選率もAT_TYもそこまで大きな大差は見られませんでした。

AT間天井期待値

先ずは以下に期待値表を添付します。
その後注意点について述べますので必ずご確認ください。

解析条件

解析に関する情報

・データカウンター上のゲーム数
・50枚あたり34.5回転
・AT中の純増3枚/G
・着席後30G以内の当選サンプル除外
・AT終了後は1回転回してヤメ
・1時間あたり800G
・「朝イチ」「朝イチ以外」以外の状況は不問(平均)
・TYは全平均値とする(着席後30G以内を除いた全平均値)

ゲーム数によって不規則なTYのバラつきが大きかったため平均値を採用しました。

AT間天井期待値(朝イチ)

AT間天井期待値(朝イチ以外)

注意事項

出率は+方向にも-方向にも均されている

上記の解析結果では「周期間ゲーム数」が無視されております。
よって、仮に同じ600Gから打ち始めたとしても「周期始め付近から打ち始めるパターン」もあれば「周期終わり付近から打ち始めるパターン」も混ざった期待値表になっております。
したがって混ざって計算されているところほど、実際に「周期始め付近から打ち始めるパターン」では上記期待値表より出率が下がり、「周期終わり付近から打ち始めるパターン」では上記期待値表より出率が上がる、ということになります。

「累計ゲーム数」が中盤くらいの時が最も精度が低いはず

0Gであれば混在のリスクなし、1000Gであれば周期天井の占有率が高いです。
したがって500Gや600G付近が最も精度が低いのではないかと推測します。
特にボーダー付近になりそうな590Gの出率は104.0%と算出されておりますが、実際の打ち始めが「周期始め付近から打ち始めるパターン」であれば出率100%未満になる可能性も十分にあると思います。

以上、いろいろと述べましたが纏めると精度が極めて低いので当解析結果を鵜呑みにするのは厳禁、かつ他サイトの解析結果もどのような解析手法が採用されているのか確認してから参考にすることを推奨します。

狙い目

前述の通り信頼性のある期待値が解析できておりませんので数値に基づく狙い目をお伝えすることができません。
感覚的にですが、6/7周期目についてはある程度回っていたら、8周期目からは全ツッパできるのかなと予想します。
一方で5周期目のゾーンは強力なのですが、これも同様に明確な狙い目を割り出すのは難しいです。

やめどき


✅AT終了後セットアップステージをフォローしてヤメ
状況によっては打ち続けた方がいいケースがあるかもしれませんが、現時点では明確な基準はございません。

まとめ

本記事では「パチスロ武装神姫」の「朝イチ・朝イチ以外」におけるAT間天井期待値について解説しました。
内容的には、メイン変数が「周期回数」×「周期間ゲーム数」であるため、「累計ゲーム数」を用いて解析した期待値では精度が悪すぎて実践で使えるレベルではないです。
この手の仕様の機種であれば、「実践値」×「理論値」を利用した解析の方が精度があると思いますので、そちらを参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次