MENU
”金カム3記事" 5600万Gにサンプル増強! PUSH!

スマスロケンガンアシュラ|AT間天井期待値 朝一 考察 狙い目 やめどき

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ツラヌキメソッド管理者のしょう(@sho_tsuranuki)です!


2023/11/20に導入された「スマスロケンガンアシュラ」の朝一におけるAT間天井期待値を解析しましたので発信します。(CZスルー回数/CZ間ゲーム数非考慮)

なお、導入台数が少ない、かつ朝一となるとサンプルが溜まるまでに相当な時間がかかりますので、一度現時点での解析を発信し、今後数千万ゲームクラスでサンプルが溜まったら改めて情報を更新致します。
よって当記事は参考程度にご確認して頂きたく。

AT後におけるAT間天井期待値については以下記事よりご確認ください。

⚠️注意点(必ず先にご一読ください)

当機種はCZ当選時にデータ信号が発信されないという仕様になっているため、解析精度が悪くなっておりますことをご了承下さい。説明は以下の通りです。

本来望ましいデータ信号としては以下の通りです。
<例>
CZ当選時:RB信号
AT当選時:ART信号

しかし実際は異なり、CZ当選したがAT当選しなかった場合には「RB信号」が飛ばず、CZに当選しAT当選した場合には「RB信号」および「ART信号」が発信されるという仕様になっておりました。
さらに例を出して説明すると以下状況となっております。

モデルケース

1回目のCZが200Gで当選→AT非当選
2回目のCZが100Gで当選→AT非当選
現在150G時点

理想のデータ表示→「RB:2」「ART:0」「ゲーム数:150」
現状のデータ表示→「RB:0」「ART:0」「ゲーム数:450」

・スマスロケンガンアシュラの「朝一」における「AT間天井期待値」が分かる。(CZスルー回数/CZ間ゲーム数非考慮)

目次

天井仕様

CZ天井

天井G数400G+α
恩恵CZ
推定投資額約12,000円

400G+αでCZ「ケンガンチャンス」に当選!?

CZスルー天井

CZ最大6スルー後、7回目のCZで必ず成功となりATに当選!?

引用「ちょんぼりすた」様

その他情報については引用先からご確認ください。

サンプル分布(朝一)

以下に朝一のサンプル分布を示します。
サンプル量が少ないためデータにバラつきが多く見受けられますのでご参考までに。

サンプル分布(導入3日間の実践データ)

集計情報

・総回転数419万6117Gの実践データから対象サンプルを抽出
・AT初当たり717回
・回転数はデータカウンター上のG数
・3000G以上回された台のみを抽出
・推定機械割97.8%の実践データから対象サンプルを抽出
・AT終了後50以内のAT当選を連チャンとしてカウント(完走→最上位ATの実践サンプルを拾うため)

サンプル分布から読み取れた特徴

AT後と比較して明らかに甘い

サンプルのバラつきがあるにせよ、AT後に比べ朝一は甘いと断言してもいいレベルです。
気になる方は冒頭に添付したAT後の解析結果のリンク先の内容と比較してみてください。

1,000Gまでの当選確率が99.09%、さらに・・

導入3日間で1,000G以降の当選したサンプルは6サンプルのみ。
さらにこの6サンプルの中で、導入当日(リセット濃厚)に1000Gを超えたサンプルは2サンプルのみ。
そのサンプルは「1015G」と「1118G」の2つのみで、それ以外の4つのサンプルは据え置きの可能性を秘めている。(もちろんリセットで発生したデータの可能性もあるが、確率が低いこと、かつリセット確定のデータで解析をした方が精度が高くなると思慮するため、以降は上記2サンプルのみを採用して解析を行う)

100Gのゾーンが比較的強め

AT後では100GのゾーンにおけるAT当選率が17%であるのに対し、朝一は22%

1回目のCZゲーム数天井(おそらく)が比較的強め

AT後における400G付近(1回目のCZ間ゲーム数天井)でのAT当選率は13.9%であるのに対し、朝一では26.8%

AT間天井期待値(朝一 かつ CZスルー回数/CZ間ゲーム数非考慮)

以下2点のケースでAT間天井期待値を算出しました。
・実践データをそのまま利用したケース
・AT_TYを平均値に固定して解析したケース
後者のケースを解析した理由は、先述したように特にゲーム数が大きいサンプル量が少なすぎるためです。

さらにリセット確定サンプルを利用すべきと考え、最大天井は「1118G」に設定。
今後サンプルを増やしてデータ更新しますが、リセットでも上記ゲーム数を超えるようなことがあれば(またはそのような情報が入れば)解析手法から変えて期待値を更新致します。

AT間天井期待値(実践データをそのまま利用したケース)

集計情報

・サンプルは朝一のみ
・50枚あたり35.5回転
・着席後30ゲーム以内のサンプルを除外(天井付近では除外を行わない)
・最大天井1118ゲーム
・AT終了後は一律で10G回す(AT後即やめと二虎流奥義伝授極失敗後即やめを考慮)
・CZは一律20G
・1時間あたり800G

最大ゲーム数天井の実践サンプル1件が[1118G,1233枚]というデータになってしまっている故、比較的サンプル量の多い999G以下と1000G以上で天井期待値に不自然な乖離が見られる。
この乖離はサンプルが少ないため発生しているので、参考までにAT_TYを全平均の460枚に固定した天井期待値を以下に示す。

AT間天井期待値(AT_TYを平均値に固定したケース)

集計情報

・AT_TYを460枚に固定
・サンプルは朝一のみ
・50枚あたり35.5回転
・着席後30ゲーム以内のサンプルを除外(天井付近では除外を行わない)
・最大天井1118ゲーム
・AT終了後は一律で10G回す(AT後即やめと二虎流奥義伝授極失敗後即やめを考慮)
・CZは一律20G
・1時間あたり800G

上記はあくまで参考に算出した期待値表です。
今後サンプルが増えたら更新致します。

狙い目

期待値解析結果を見ると非常に甘いですが、一番大事なことは「リセットが確定していること」です。
・普段から全リセの店舗
・前日がAT中に閉店
・新台導入1週間はリセ確定

など、リセットが確定している根拠があることが大前提です。

リセットが確定している状態であれば次ステップの議論として、「何ゲームから打つか?」です。
ここは期待値表のバラつきもあれば個人の見解の違いもあるので一概には言えませんが、個人的な狙い目としては、
・出率105%から
なら打った方が良いかなと考えております。

やめどき

AT後即やめ or 二虎流奥義伝授極失敗後即やめ

注意点

メイン変数となるCZスルー回数およびCZ間ゲーム数が基本的に打ち手以外は不明、という前提条件の基押し引きを判断すべき機種となっておりますので、ある程度辛めに見積もっておいた方がいい機種と考えてます。

まとめ

本記事ではスマスロケンガンアシュラの朝一におけるAT間天井期待値、考察、狙い目、やめどきについて解説しました。
引き続きサンプル量を増やして経過を確認、および視点を変えての期待値解析を実施していきます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次